誰でもわかる簡単解説。ライフプランシュミレーションってなあに!?

ライフプランシュミレーションってなあに!?

 

知ってるようで知らないライフプランシュミレーションって何でしょう?

これ、我々ファイナンシャルプランナーが得意とするツールですが、

とーーーっても便利なツールです。

ただ、昨今では簡単に色々なところで作ってもらえるだけに、

注意点なんかもお伝えしていきたいと思います。

簡単に言うと、その家庭の収入と支出を生涯にわたり見ていくという作業です。

これがわかると目指すべきゴールがわかります。

それがわかってはじめて、資産運用などのマネープランを立てていけるのです。

カーナビをイメージしてください。

目的地であるゴールを設定するからこそ、行き先が何通りかでてきますよね?

ライフプランを作らずに、資産運用などをするのは、

ゴールを決めずにやみくもに走っているだけなので、

当然どこにもたどり着けませんし、何が正解かもわかりません。

お金の計画を立てるときは、まずライフプラン!と知ってください。

収入の範囲で月々のやりくりができていたら黒字、

できていなけば赤字ですよね?

これは家計簿をつければすぐにわかりますし、

去年と今年の銀行の貯蓄残高を見てもわかります。

例えば、今家計が黒字のご家庭が将来はどうなんでしょう?

子供が大学に行くタイミングや、老後の年金生活は?

奥様が出産で育児休暇をとっているタイミングは?

もし、将来赤字にある可能性があるのであれば、

今の黒字の一部を、将来の自分たちに仕送りしておく必要がありますよね?

つまり、

一見今は黒字でも長い目で見たら黒字かどうかはわからないということです。

そこでライフプランの登場です。

長い目でその家庭の収入と支出のバランスがどのように推移するが一目でわかります。

これをみれば、今何をするべきかすぐにわかります。

つまりライフプランとは、究極の現状把握

と、僕は読んでます。


例えば、旅行やショッピングに行きたいけど、今どれだけ日々の娯楽にお金をかけていいか不安で使えない人。

ライフプランをすることで将来のための必要分がわかるので、

ここまでなら使っていいという範囲がわかります。

つまり、将来のために使わずにとっておく範囲がわかるということは

今使えるお金がわかるということです。


また、何か資産運用をしたい人。でも何をしていいかわからない人。

それは、何歳ぐらいにお金を持っていきたいかの

ゴール設定ができていないからです。

ライフプランをつくることで、本当のリスクは、

学費なのか、老後なのか、ちゃんとわかりますので、

見当違いな資産運用にならずにすみます。



また、家の購入を考えている人。

どの範囲までならローンを返済していけるのか、

繰り上げ返済は必要なのか。

変動金利、固定金利、どちらが向いている家庭なのか

全てライフプランが教えてくれます。

大切なのは、その家庭ごとに、

収入も働き方も学費のかかり方も考え方も全て違います。

ですから当然、ライフプランも変わってきますし、対策も変わってきます。


ライフプランは各家庭ごとに違います。

私は過去に3000件以上のライフプランを作ってきましたが、

全く同じ家庭は一つもありません。

なので、お金の計画を考えるうえで、

まず必要なのは、ライフプランを作り、現状を知るということです。

ただし、ちまたで行われているライフプランには、

大切なことが欠けていることが多いので、

一つ大切なことをお伝えしておきます。

それは、

その家庭の『思い』を入れるということです。

たとえば、子供が結婚したら資金援助してあげたいですか?

学費はどこまでなら援助してあげたいですか?

でもその後の老後も不安な時期です。

できたらするという行き当たりばったりでは、

なかなかその『思い』はかなえられません。

しかも、夫婦それぞれの思いも違っていたります。

なるべく早い段階から、

夫婦の思いもたっぷり詰め込んだライフプランを作成し、

しっかりもお金の計画を立てて行動していくことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回は、具体的なライフプランの傾向についてお話します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です